忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カウンター
XBOX360
ブログ内検索
フォルツァブログリング
フォルツァ モータースポーツ・攻略ブログ
プロフィール
HN:
hats89
性別:
男性
趣味:
ゲーム、ホビー、映画
自己紹介:
最近はロックスターの新作「レッドデッドリデンプション」をやってます。
自称ロックスターゲームズ信者ってことでヨロシク!
レースゲームも大好きです。
ニコニコ動画では
「箱○ニコニコラジオ」コミュニティにて活動中!
忍者ブログ
XBOX360中心のゲームに関するレビューやコラム、ニコニコミュニティ「箱○ニコニコラジオ」とも連動!
<<  2017/11  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
2017/11/24  19:56:36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/02/03  00:39:31

今回のフォルツァ3カーレビューは
WRCグループA時代の名車
ランチア デルタ インテグラーレ V16エヴォリュツィオーネ」をご紹介します。

dlt2.jpg






アウディ クアトロの圧倒的活躍によりAWD(四駆)時代へと移行した
WRC(世界ラリー選手権)で、名門ランチアは5ドアハッチバックという
機能性重視のスタイリングを持つ「デルタS4」を活躍させていた。

しかし、グループAという大幅な規定変更を余儀なくされた当時のWRCで
次第に「ランチア デルタ」は他車に対抗しづらくなって行ったのです。

そこで1992年ランチアは、デルタをあらゆる面から大幅に改良し完成させたのが
このランチアデルタ インテグラーレV16エヴォリュツィオーネ」なのです。



「フォルツァモータースポーツ3」での乗り味はというと、
フルタイムAWD&ハッチバックスタイルということでかなり扱いやすいです。
そして乗りやすいというだけではなく、210ps(154kw)を誇るエンジンは
低速からのトルクも悪くなく 非常に気持ちの良い音を聴かせてくれます。

もし改造を施すのならば、足回りは比較的しっかりとしたクルマですので
ブレーキ交換程度に留めておき、最新の超馬力エンジンに対抗するため
エンジンパワーを上げることをオススメします。
元々AWDですので多少オーバーパワーになってしまっても、
ブレーキの効きさえ良ければ さほど練習しなくても扱えるようになるでしょう。


さて余談ですが 1992年ランチアのWRC参戦はこの「デルタinteEVO」を
最後に終了しています。 その後もデルタと名のついたクルマを出し続けてはいますが、
我々ラリーファンが愛したデルタの姿は そこにはありません。
ですから 実質的な意味では、
このクルマが最後のWRCを戦ったランチア デルタという事になります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © ハイハイビデオゲーム~xbox360中心のゲーム紹介ブログ~ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]